人気番組「ガイアの夜明け(テレ東)」において
2018年2月20日放映された内容について
業界内で話題になっています。

「夢を拓く!ニッポンの”島”」

瀬戸内海”養殖の島”と副題して養殖業者を盛り上げてくださる
素晴らしい企画でした。

海外のエビの輸入冷凍を扱っている水産会社から若くして独立され
車海老養殖を始める方が出現するのも業界としては喜ばしいことです。

問題点は以下。
************
養殖事業者Sさん「エビ養殖というとイメージするのはクスリ漬け。薬品を結構使っているとよく言われるので・・・」
TVナレーション「通常、車海老の養殖は1平方メートルあたり30尾から40尾で育てます。過密状態で病気になりやすいため抗生物質などの薬品を使うのが一般的。」
************
  以上

全国ネットでの誤報に関して
弊社は事実をお伝え致します。

インターネットで農林水産省の
「水産用医薬品の使用について」
はどなたでも閲覧できる公表された情報です。

「Ⅳ 承認されている水産用医薬品」
というカテゴリーに上記表が記載されています。

車海老は全ての項目に「×」がついています。

あらゆる養殖魚のなかで
車海老だけは抗生物質はおろかビタミン剤等の投薬すら禁止されています。

これが「車海老養殖は難しい」とされ
事業承継・技術伝承がスムーズに進まない原因でもあります。
さらに「養殖技術を要する困難な」車海老養殖に携わる我々の誇りでもあります。

前職のご都合で海外の汚泥にまみれた投薬養殖エビを専門にされていた経験による事実誤認とは思いますが、
TV側も社会的役割を自認され放映前に調査されておくべきかと提言致します。

多くの関係者や消費者様から
放映後問い合わせを受けておりますので
ここで「唯一の投薬禁止魚種」であることを明示し、
弊社はK-GAP(食の安心安全基準)を4年連続取得している企業であり、
あらためてこの場で安心安全宣言をさせて頂きます。

 

鹿児島マリナーズ株式会社
本社(知覧養殖場)は2018.3.5より落雷により
電話・メール等通信機器が不通となっております。

現在復旧作業中ですので
いま暫くお待ちください。

社内間では携帯電話を利用して
本社と連絡がとれておりますので
ご用向きの方は
恐れ入りますが
他事業所宛てにご伝言下さいます様
お願い申しあげます。

他事業所連絡先一覧

ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

 

→ 3月7日現在
 電話は復旧致しました
 FAXは未だ回復しておりません

→ 3月9日現在
 FAX、インターネットともに
 復旧致しました

 

2017年9月14日

BSジャパン「空から日本を見てみよう+」にて

鹿児島マリナーズ株式会社の熊野養殖場と

子会社バルバロイ株式会社の車海老専科膳所龍門が

紹介されました。

 

(鹿児島マリナーズ 熊野養殖場)

(他の養殖場も紹介してくださいました)

(鹿児島マリナーズ 常務取締役 下村利徳)

車海老の消費量減少をくいとめるべく
一般消費者への車海老需要喚起を使命として
飲食店の展開を目的とした㈱バルバロイを設立致しました。

目的
① リーズナブルに車海老を提供する外食店を展開することで
  消費者の裾野を拡げます。
② 既存飲食店取引先様と同条件での子会社バルバロイへの
  卸売を実行し、既存流通を堅守します。
③ 車海老の美味しさを実食という手段で広く伝え
  車海老を取り扱う飲食店でのお客様の注文頻度を高め
  卸売市場を基幹とした商流での車海老消費増量を目標とします。

概要
株式会社バルバロイ
東京都港区
代表取締役 谷邊靖泰
取締役社長 手島高廣
取締役 藤原和隆
監査役 吉田邦彦
2017年3月21日 設立
2017年4月12日 農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)出資同意決定を発表
2017年5月30日 ・SMBC6次産業化ファンド投資事業有限責任組合
           ・鹿児島マリナーズ株式会社
           ・株式会社スマイルオフィス
           による㈱バルバロイ第三者割当増資実行
2017年6月1日  株式会社スマイルオフィスの経営する
           「車海老専科 天麩羅 手一束(東京都港区新橋5-5-5)」を㈱バルバロイへ譲渡
2017年6月中旬 ㈱バルバロイ2号店となる
           「車海老専科 膳所龍門(東京都港区新橋3-6-3)」を
           営業開始予定



「1年に1回39食だけ製造する、原材料・工程、すべての制約を外した究極の鍋焼きうどん(株式会社キンレイ)」に

弊社の車海老が採用されました。

これからも美味しい車海老を生産し

「究極の」と冠される料理に採用されるよう努力してまいります。

 

 

2016年10月15日

毎日放送の「せやねん」にて

鹿児島マリナーズ株式会社の春田養殖場(屋久島)が

取材・放映されました。

(写真は春田養殖場 寺田等 場長)

平成28年4月27日

「熊本地震義援金チャリティ」ご参加企業様各位

ご協力ありがとうございました。

以下に報告致します。

売上金:415,800円(2016/4/27築地市場弊社出荷72kg売上金全部)

寄付金:415,800円(2016/4/27振込日)

振込口座:肥後銀行県庁支店普通1639261

(熊本県健康福祉生活課義援金担当係)

◆ご協力企業様◆(敬称略順不同)

築地市場仲卸各社

築地海老協会

大都魚類株式会社(手数料全免)

中央魚類株式会社(手数料全免)

九州航空株式会社鹿児島支店(輸送費全免)

以上

熊本地震により被害にあわれた被災地の皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

詳細リンク

平成27年9月18日

株式会社ニックル(大分県速見郡日出町、車海老養殖、北垣浩文代表取締役)の

第三者割当増資を引き受け、同年10月6日大分地方法務局にて登記完了致しました。

今回の子会社化に伴い、代表者・役員・営業体制に変動はありません。

子会社化の目的は、

車海老生産者の「共存共栄」理念に基づき

「国内養殖車海老総生産量の減少阻止」そして

「マーケットへの安定供給」ひいては

「国内消費量減少の阻止」にあります。

今後とも、国産養殖車海老、株式会社ニックル、鹿児島マリナーズ株式会社を

よろしくお願い申し上げます。

平成27年8月7日発売

大人のおしゃれ手帖 9月号で

鹿児島マリナーズ㈱の

鹿籠の眠り(刺身用 急速冷凍 1尾ずつ個包装)が

紹介されました。

「車海老」の価値維持と存続の為、

これからも品質を第一に生産に取り組んでまいります。

 

平成27年7月22日

産経新聞(九州・山口)

「九州の礎を築いた群像(ロイヤルHD編)」

にて

「本当の味 取り戻せ」料理人の意識改革

という記事で

鹿児島マリナーズの車海老との出会いのエピソードが紹介されました。

 

今後とも

味に拘る料理人様にお喜び頂けますよう、

精進して美味しい車海老を育ててまいります。